赤ちゃんがハチミツを食べたらどうなる?

 

赤ん坊にハチミツを与えてはならない、というのは有名な話である。

 

しかし、なぜ赤ん坊はハチミツを食べてはいけないのだろうか。

 

生後1年未満の乳児にハチミツを食べさせると、時として命の危険に関わるのだ。

 

実は自然界にはどこにでもボツリヌス菌という細菌が存在しており、天然のハチミツにはこの菌が入り込んでいることがあるのだ。

 

1才以上になれば、この菌は腸内で繁殖しないので安全だが、腸内細菌の少ない乳児がこの菌を口にすると、「乳児ボツリヌス症」発症させる恐れがある。

 

乳児ボツリヌス症になると、全身の筋力が低下し、力が入らなくなってしまう。

 

加熱をしてもボツリヌス菌は死なないので、とにかく1才未満の赤ん坊にはハチミツをとらせないようにしよう。

 

 

関連記事一覧