世界で最もビールが好きな国は?と聞かれたら

 

世界で最もビールをたくさん飲む国は?聞かれると、ついドイツと応えたくなるが、キリンビール大学の報告(2015年)によると、そうでもないらしい。

 

『一人あたりの年間のビールの消費量』が最も多いのは、チェコ共和国である。

 

チェコでは、原料となるホップや麦が安く手に入り、そして水も美味しいため、ビールの産出に適しているのだ。

 

ちなみに2位はセーシェル(東アフリカ)で、3位がドイツである。

 

関連記事一覧