夜這いは日常?ブータンの性事情

 

ブータンは、南アジアにある小さな国である。

 

しかし、ブータンは世界で国民が最も幸福な国と言われている。

 

平均収入は1日2ドルに満たず、約70万人中17万人が貧困でると推定されており、国連により後発開発途上国(最貧国)に分類されている。

 

であるにも関わらず、2005年に行われたの国勢調査では、98%の国民が自分達を『幸福』と答えたという。

 

ブータンは、国の経済力よりも国民の幸福を第一と考える風土なのだ。

 

そのため、教育費、医療費は基本的に無料で、水道代も無料の地域がほとんどである。

 

そして、ブータンには現代でも夜這いの風習が残っている。

 

女性が泊まるホテルの部屋に、見知らぬ男性がやって来ることも普通だそうだ。

 

ブータンには、先進諸国とは違い、多少女性に強くアプローチしてもハラスメント扱いされないという風土があるのだ。

 

おかげで異性に困らないのだとすれば、確かに幸せかも知れない。

 

関連記事一覧