ビッグマックが最も高い国が意味すること

 

「ビッグマック指数」とは、イギリスの経済誌エコノミストが発表した、『(某ハンバーガー店の)ビッグマックのドル価格を使って各国の通貨の購買力を比較する数字』を指す。

 

つまり、ビッグマックがより高い国の通貨ほど影響力が強いと判断される。

 

指数は毎年更新されており、2017年は高かったのはスイスの6.74ドルであり、その後はノルウェー、スウェーデンと続いた。

 

関連記事一覧