ブラックホールはもともと恒星だった。

 

ブラックホールを肉眼ではっきり捕らえることはできない。

 

ブラックホールは光をも吸い込んでしまうため、そこにあっても闇にしか見えないからだ。

 

そもそも、ブラックホールがどのように生まれるかご存知だろうか。

 

恒星は寿命を終えるときに超新星爆発を起こす。

 

ブラックホールは、中でも一際大きな恒星が爆発した後の姿なのだ。

 

爆発後は、星の芯が爆発の反動で圧縮され、その密度を高めていく。

 

それが巨大な重力が発生し始め、やがてブラックホールと呼ばれる状態になる。

 

ブラックホールは光までも吸い込んでしまうため、周囲は丸い空間が空いているように見えるのだ。

 

関連記事一覧