血液型が途中で変わる人がいる。

 

一般的に用いられるABO式血液型は、人の赤血球の表面を調べることで判明する。

 

また、自分が何型であるかは、両親の遺伝子によって決定するものである。

 

生後、自然に血液型が変化することはない。

 

稀に血液型が幼少期と成人後で変わったという話をきくが、これは変わったのではなく、子供のころの検査に誤りがあったという場合がほとんどである。

 

特に出生時は人の血液型の反応は微弱で、血球の血液型を正しく調べられないことがあるからだ。

 

成人してから血液型が変わる可能性としては、骨髄移植を受けた場合しかありえない。

 

赤血球、白血球、血小板が減少していく「再生不良性貧血」という病を治療する際、健康な人の骨髄液と造血幹細胞を移植することがある。

 

骨髄移植では、両者の血液型一致の必要はないため、移植を受ける側の血液型が、提供者側の血液型に変わってしまうのだ。

 

関連記事一覧