朝食を食べても痩せません

 

朝食をとる最大のメリットは、午前中から脳を活性化できる
ことだろう。

 

更に近年では、集中力や記憶力が向上することも明らかになっている。

 

起床直後の脳は、活動に不可欠なエネルギーであるブドウ糖が欠乏しており、そのままだと作業に集中できない。

 

しかし、朝食をとることによって脳に栄養が行き届き、代謝も上がるため、より活発に仕事や運動に励むことができる。

 

それが結果的に消費カロリーを上げ、減量に繋がることがある。

 

つまり、ダイエットのために朝食をとるようにするというのは、合理的で適切な判断とは言える。

 

しかし、それを

・朝食をとるだけで痩せる
・朝食を抜くだけで太る

と解釈してしまってはダメだということだ。

 

関連記事一覧