闘牛がどんなパフォーマンスか知っていますか?

 

中世のころよりスペインで行われている、闘牛

 

実は現代の闘牛の流れを意外と知らない外国人は多い。

 

ざっと簡単な流れをまとめておこう。

 

牛の相手をするのら、「バンデリジェーロ」という約3名から成る闘牛士たちである。

 

①まず、カポーテ(ピンク色の布)を使って牛の突進をかわし、牛を走らせ翻弄する。

②次に「ピカドール」という馬に乗った槍手が、槍で牛の肩などを突き刺す。

③最後は真打ち「マタドール」が例の赤い布「マレータ」を駆使しながら、真剣で心臓を突き、トドメをさす。

 

以上が、はっきりいって残忍な闘牛の大まかな流れだ。

 

→次ページ【牛は赤い色に興奮している、というのは本当か】

 

関連記事一覧