闘牛は赤い布に興奮するわけではない。

 

「闘牛」ときいてまず思い浮かぶのは、赤い布をめがけて突進していく姿だろう。

 

しかし、闘牛自身は赤い布をターゲットに突き進んでいるわけではない。

 

というのも、牛の色覚ではモノクロ(白、黒、灰色)しか認識できないので、赤色の布に興奮するとは考えられない。

 

マタドールが布を使うのは、闘牛は揺れ動くものに対し危険を感じ突進していくものだからである。

 

関連記事一覧