「カスピ海」は海なのか?湖なのか?

 

カスピ海といえば、何を思い浮かべるだろうか。

 

カスピ海は、世界一大きな湖である。

 

ユーラシア大陸にあり、面積は日本列島に匹敵するほど大きい。

 

塩分濃度が高いことで有名な「死海」と同様、カスピ海の水も塩水であり、名前には「海」が入っているが実質は湖である。

 

しかし、カスピ海が『海か湖か』で沿岸の五カ国の意見が食い違っている。

 

理由は単純で、海としてしまうと領海の概念が発生するためである。

 

カスピ海は、石油や天然ガスなどの資源の宝庫であり、それらの資源がどこの国のものになるかは、どこの国の領海かに基づき決まってしまうからである。

 

ちなみに、上記の五カ国とは、

ロシア
カザフスタン
アゼルバイジャン
トルクメニスタン
イラン

のことであり、カスピ海では北部により豊富な資源があるため、もしも『海』としてしまうと、南側のイランの取り分は少なくなってしまう。

 

関連記事一覧