CDの規格はなぜ12cm(74分)なのか

 

CDの録音時間は『ベートーベンの第9が収まるように』つくられた。

 

1982年、日本のSONYとアメリカのフィリップス社が、CD(コンパクトディスク)を共同開発した。

 

これにより、それまでアナログのみであった音楽データの利用がデジタル化された。

 

開発当時、CDの規格を直径11.5 ㎝(60分)にするか、12㎝(74分)にするか悩んでいた。

 

そんな中、ソニーの担当者が世界的な指揮者カラヤンに相談した。

 

するとカラヤンは、『ベートーベンの交響曲第9番が収まるようにした方がよい』との助言を出した。

 

そうしてコンパクトディスクの規格は、12㎝(74分)に決定された。

 

関連記事一覧