チョコレートの語源の「チョコラル」は、「苦い水」という意味

 

「チョコレート」と言えば、黒くて甘い、あれだ。

 

しかし、「チョコレート」とはもともとメキシコの言葉「チョコラル」が由来で、本来の意味は「苦い水」というもの。

 

そもそも、カカオの煮汁は苦いものなのだ。

 

「チョコレート=甘いお菓子」が当たり前になった今も、その名前が使われている。

 

関連記事一覧