コラーゲンは食べても塗っても効果はない。

 

コラーゲンとは、皮膚や軟骨などを構成するタンパク質の一種だ。

 

特に細胞同士をくっつける役割として有名である。

 

コラーゲンを食物から摂取すると、胃腸で分解され、アミノ酸やペプチドなどの成分になって吸収される。

 

なので、コラーゲンを食べたからといって直接コラーゲンの機能が高まることはありえない。

 

また、コラーゲン自体は分子が大きいため、肌に塗ってもほとんど吸収はされない。

 

コラーゲンをどう活用しようと自由だが、上記のことを知らずにいると、どこかで恥ずかしい思いをするかもしれない。

 

【>>次ページ】「ブルーベリーが目にいい」はウソ。

 

関連記事一覧