自分をガチで死んでいると思っている人々

 

自らを『既に死んでいる』と本気で思い込む人々がいる。

 

「コタール症候群」という精神疾患にかかった人々だ。

 

これは1880年にフランスの精神科医によって初めて報告されたもので、別名「歩く死体症候群」とも呼ばれる。

 

2015年にイギリスの雑誌に掲載された17歳のとある少女は、両親が離婚したショックをきっかけにこの奇病に悩まされるようになったという。

 

ある日突然、彼女は授業中に自分が死んでいるような強い感覚に教われ、保健室で見てもらったが、特に異常はみられなかった。

 

しかし、その後もたびたび同じ症状に教われ、毎回本当に自分が死んでいるように感じられ、手足の痺れたという。

 

墓地へ「自分の仲間」に会いに行ったり、ゾンビものの映画を見ることで、気分が落ち着いたという。

 

現在、彼女は精神科医へ通いながら生活しているそうだ。

 

全く解明の糸口が見い出せないこの奇病だが、特にキリスト教圏でよくみられるので、キリスト教の思想や教えに何か原因があるのでは?

 

との見方がされている。

 

関連記事一覧