「鳩時計」の鳥は、カッコウ。

 

鳩時計の鳥は、実は鳩ではなく「カッコウ」なのをご存知だろうか。

 

たしかに、鳩時計の鳴き声といえば、鳩なのに『カッコー、カッコー』というもの。

 

これではおかしい。

 

というのも、カッコウは日本語で「閑古鳥」のことであり、縁起が悪いので、日本で売り出す際にはイメージの良い「鳩」になったそうだ。

 

【>>次ページ】携帯電話の声が別人に聞こえるのは、本人の声ではないから。

 

関連記事一覧