地球の自転速度は遅くなっている。

 

地球の自転は次第に遅くなっているのをご存知だろうか。

 

暦の上では、一日は24時間である。(より正確に地球の自転を基準にすると23時間56分4秒である)

 

しかし、かつての地球は全く異なる。

 

約46億年前は、一日はたったの5時間だったのだ。

 

つまり現在に比べると猛スピードで自転していたことになる。

 

当時、月は地球から約4万kmの位置に存在していた。

 

現在は約38万kmなので、約10分の1ほどの距離しかなかったのである。

 

それだけより強力な月の引力の影響で、地球の自転速度も高かったというわけだ。

 

現在、月は年間3.8cmほど地球から遠ざかっており、それに合わせて自転速度も落ちているということだ。

 

【>>次ページ】『星の数ほど』はどれくらい?

 

 

関連記事一覧