生身で宇宙空間へ放たれるとどうなる?

 

宇宙飛行士は宇宙服を着て作業するが、もし、人間が生身のまま宇宙空間に放り出されたら、どうなるのか。

 

そこには様々な説がある。

 

体が破裂する……
凍結する……

などの、まるで小学生のデタラメのようなものばかり。

 

だがNASAのサイトによると、約10秒経ったところで潜水病になり、皮膚が膨張し始め、最後は酸欠で意識が薄れてゆき、死に至るとのこと。

 

実際にNASAの実験室で訓練中の飛行士が真空に晒される、という事故があった。

 

その際、彼は14秒後に意識を失ったものの、15秒後に加圧され一命を取り留めた。

 

一方ソ連ソユーズの実例では、犠牲者が出ている。

 

宇宙船のキャビンのバルブが開いてしまい、船内が減圧、ものの5秒で3人の宇宙飛行士が犠牲となった。

 

実験が不可能なため、断言はできないが、生身で宇宙空間に晒されても、10秒そこらならば、生還できるかもしれない。

 

関連記事一覧