トビウオだけじゃなくて、イカも飛ぶのは知ってる?

 

トビウオはわかるけど、イカも飛べるの?

 

と思われがちだが、イカ界では海面以上を滑空するなど常識の中の常識。

 

人間で言えば、『暑い日に川で泳いで涼む』のと同じくらいアタリマエのことであろう、多分。

 

そんなイカには、

・トビイカ

・アカイカ

・スルメイカ

などがおり、一度に海面から5mの高さを50mも滑空しながら飛ぶこともあるという。

 

トビウオは、海面からヒレを使って数mの高さをグライダーのように滑空する。

 

それに対し、イカたちはジェット噴射で海面から飛び出し、腕と腕の間を傘のように広げ、中央部のヒレで体を安定させるという離れ業の持ち主である。

 

彼/彼女らがこんなアクロバットを身につけた最も大きな理由は、カツオやマグロなどの天敵から逃げるためだ。

 

なんてロックンロールな奴らなんだ(?)

 

関連記事一覧