世界の森林は、そんなに減ってはいない。

 

なんだかんだ森林が減る速さは下がってきている。

 

世界で森林の減少が進んでいるのは、誰もが知っている。

 

しかし、これでも減少スピードは年々落ちてきている。

 

理由は植林を行う地域が増えてきたためで、特に欧州や中国は積極的だ。

 

資源の少ない日本はというと、木を伐採したらそのぶん植える習慣が板に付いているため、森林の量にはあまり変化がない。

 

しかし東南アジアや北アメリカなどでは、依然として森林は減り続けている。

 

関連記事一覧