お金の機能は、主に3つありますよね?

 

お金の機能は、大きく三つに分けることができる。

 

 

①決済手段

これは説明の余地はないだろう。

決済、つまりお金を支払うことで、その対価として商品やサービスを受けとることができる。

 

 

②価値尺度付与

ある物やサービスに対して金額をつけることは、その商品がどのくらいの市場価値を持つかを示す基準となる。

 

 

③価値貯蔵手段としての機能

お金は食品や電化製品と違い、劣化したり腐ったりすることはない。

電子マネーなどへ形を変えても、1万円には1万円の価値がある。(物価の変動は避けられないが)

 

 

お金そのものには価値はない。

お金は物やサービスの流通を円滑にするための道具にしか過ぎないので、何でも取り替えることができる魔法の道具のように勘違いをすると、浪費をしてしまうかもしれない。

 

関連記事一覧