なぜ幽霊には『足がない』のか?

 

足のない幽霊を一番最初に描いた人物は、江戸時代を代表する画家、円山応挙(まるやまおうきょ)だと言われている。

 

応挙の描いた「返魂香之図」は、髪の長い女性の絵である。

 

しかし、腰から下が(まさに幽霊のように)消えたようになっているのが特徴。

 

これが所謂『幽霊には足がない』という通説の由来である。

 

というのも、応挙は幽霊の絵をよく描いていたというのだ。

 

関連記事一覧