ハロウィンは元々キリスト教とは関係がない。

 

10月31日と言えば、ハロウィンだ。

 

ハロウィンは、聖人と殉教者を記念する日である。

 

仮装をするのは、

死者の魂と一緒にやってくる魔物たちに悪さをされないよう自分達も化物の格好をして仲間だと思わせるため

である。

 

今やキリスト教の風習かのように思われているハロウィンであるが、かつてヨーロッパで繁栄した古代ケルト人の収穫祭が由来である。

 

死者の魂が戻ってくるという言い伝えも、このときのケルト人のものである。

 

というのも、カトリックがケルト人を征服した際、この祭りの慣習がカトリックたちの間に浸透し、まるでキリスト教の観衆であるかのように変化したのだ。

 

・キリスト教徒でなくともクリスマスを祝う
・無宗教だが家に仏壇があったり、神社へお参りに行ったりする

といった日本のミーハーな文化と似たようなものだろう。

 

関連記事一覧