『懐かしい』がわからない?記憶力が良すぎる人々

 

「思い出」と言えば、あなたが真っ先に思い浮かぶのは、どんな出来事だろうか?

 

思い出や記憶というのは、通常、時間が経てば経つほど薄れていくものである。

 

また、人は「どんなことが起きたか」と「いつ起きたか」を別々に記憶するものである。

 

しかし、そんな出来事そのものと時系列を一緒に記憶してしまう人がいる。

 

例えば、昨日の夕飯の記憶と、何十年前の幼少体験を同じ臨場感で思い起こすことができるということだ。

 

彼/彼女らに『懐かしい』という感覚は存在しない。

 

それもそのはず、つい数時間前の出来事を『懐かしい』と感じる人はいないからだ。

 

これを「超記憶症候群(ハイパーサイメシア)」という。

 

世界でも有名な、超人的な記憶力を持つと言われる「サヴァン症候群」と似ているが、サヴァンは一度見た情報を忘れないといった能力が特徴であり、思い出の鮮度が落ちない超記憶症候群とは全く別物なのだとか。

 

超記憶症候群の患者の辛いところは、

・大切な人を失った悲しみ
・恐ろしい事故の体験
・失恋の思い出

などの、苦い経験のショックがなかなか払拭できないところである。

 

関連記事一覧