液体窒素は直接触れても大丈夫かも

 

液体窒素の中に手を突っ込んでも大丈夫だ、という話を聞いたことはないだろうか?

 

もちろん、遊びでやるには危険きわまりないのだが、実は一定の条件を満たせば、火傷することなく液体窒素に直接手を入れることは可能である。

 

これには、科学的な根拠がある。

 

例えば、水は高温の場所に落とすと蒸発する。

 

しかし、そこが一定の温度を超えていた場合、水と高温の物体の間に蒸発した空気の層が発生する。

 

そのため、水がすぐには蒸発せず、水滴となって滑っていくのだ。

 

これを、「ライデンフロスト効果」という。

 

マイナス200度近い液体窒素に比べれば、人の素手は相当な高温であると言える。

 

つまり、人の手と液体窒素の間にも、一定の空気の層ができるため、火傷はしないということ。

 

もちろん、あくまで一理論なので過信はせず、知識のうちに留めておき、事故を起こさないようにしたい。

 

【>>次ページ】チョコレートダイエットがある。

 

関連記事一覧