継ぎ足し充電は本当に電池の容量を減らすのか

 

携帯電話のバッテリーを最後まで使い切らずに継ぎ足し充電すると、バッテリーの容量が小さくなってしまう、という説を聞いたことはないだろうか。

 

しかし、これはあなたの使っているiOSやAndroid製品には当てはまらない。

 

なぜそのような誤解が生まれたのか。

 

それは「メモリー効果」という現象の存在である。

 

メモリー効果とは、

バッテリーの電気を使い切らず中途半端な状態での継ぎ足し充電を繰り返した結果、バッテリーの容量が縮小してしまう

という現象のことである。

 

これは充電を開始した際の電気残量を記録しておくもので、記録されたところまで電気残量が減ると、バッテリーが「必要な電圧はもうない」と判断し、電圧を低下させるのである。

 

こうしてメモリー効果が発生した充電池は、本来なより短い時間しか使用することができなくなってしまうのだ。

 

ただし、この現象はニッケル・カドミウム充電池とニッケル水素充電池のみで起こるものである。

 

したがって、リチウンイオン電池が搭載されている一般的なスマホには関係のないことである。

 

関連記事一覧