石油の埋蔵量が中東の国々に偏っている理由

 

世界の石油の6割は、中東で産出されている。

 

中東でこれほど石油が産出する理由は、約2億年前に遡る。

 

この頃、現在の中東はテチス海という海だった。

 

そこには北のローラシア大陸、南のゴンドワナ大陸から豊富
な栄養分が流れ込み、多くの生物が繁栄していた。

 

この生物の遺骸が堆積し、やがて厚い地層に覆われ、変化して出来たのが石油である。

 

一方、石油を発生させる分解菌が存在するという説もある。

 

もしこれが本当で詳しく解明されれば、ついに石油の生産が可能になるかもしれない。

 

【>>次ページ】ダイヤモンドは炭素なのになぜ固い?

 

関連記事一覧