モグラたちが光のない地中でも餌を見つけられる理由

 

地中深くで生活していたため、モグラの目は退化し、その機能を失ってしまった。

 

しかし、それでも光のない地中でモグラはいかにして食糧を得ているのだろう。

 

モグラの生活圈は地中のため、捕獲できる餌は限られる。

 

人間のように朝はコーヒーとチリドッグ、昼は仕事合間に吉牛、夜はヘルシーに豆乳鍋、とはいかない。

 

光を必要としないモグラは、一見質素な食生活をしていそうなものだが、全くそんなことはない。

 

まず、奴らは餌となる昆虫やカエルを捕まえる罠作りから始める。

 

地下約20cmの地中に、直径約5cm、全長約100mもの坑道を作る。

 

地上に向け坑道内より直径2~3cmの穴を開けることで、罠を数百か所も作る。

 

要するに、自分の間合いへ誘い込む連絡通路を作るということだ。

 

視界を犠牲にした奴らの触覚の鋭さは尋常ではない。

 

間合いへ侵入した者は、即座にその位置を特定され、死神の餌食となる。

 

関連記事一覧