イタリア・ローマの「真実の口」は元々マンホールの蓋だった。

 

嘘をついている人間が口に手を入れると噛まれると言われている、ローマにある観光名所「真実の口」は、本来はマンホールの蓋として作られたものである。

 

ちなみにあの顔は、 「トリトーン」という神様のもの。

 

関連記事一覧