マイナスイオンにリラックス効果はない。

 

マイナスイオン発生機能付きの家電製品やアクセサリーがバカ売れした時代があった。

 

マイナスイオンを発生させる「トルマリン」という鉱石が名を馳せたのも記憶に新しい。

 

しかし、マイナスイオンにリラックス効果など全くない。

 

マイナスイオンブームのきっかけは、やはりテレビ番組だ。

 

某番組では、マイナスイオンの健康効果やリラックス効果が以下のような最もらしい内容で謳われていた。

 

滝で水滴が微粒子化されると、大きな水滴は正に、小さな水滴は負に帯電する。

 

大きな水滴は早く落ちてしまうので、周囲の空気は負の電気を帯びることになる。

これを「レナード効果」というが、これが曲解され……

 

滝壺のそばに行くと気分が落ち着くのは空気が負の電気を帯びているからだ。

→それはマイナスイオンのおかげだ。

→マイナスイオンは自然が多い環境に豊富であり、気分が良くなるのはマイナスイオンのおかげだ。

→都会は逆にプラスイオンが多いからイライラするのだ。

 

などという、とんでもないデマに発展することとなった。

 

流行りに乗るのは悪いことではないが、あくまで真実は見失わないでいたいものだ。

 

【>>次ページ】グレープフルーツとグレープ(ブドウ)との関係は?

 

 

関連記事一覧