プラシーボの逆?ノーシーボ効果とは

 

頭痛を訴える被験者に、ただの片栗粉を痛み止めと偽って渡し飲ませたら、頭痛が治ってしまったという実験がある。

 

こういった偽薬で病気が治ることを「プラシーボ効果」という。

 

まさに思い込みが実現していまう、というもの。

科学的にはまだ証明されていないが、確実に思い込みと身体には因果関係があると思われている。

 

だが、この「プラシーボ効果」は有名なので、あなたも知っていたのでは?

 

逆に、偽薬で副作用が起きてしまうことを「ノーシーボ効果」という。

 

関連記事一覧