放射線が身体に良いと言い、一儲けした男がいる。

 

1920年代、アメリカに、ウィリアム・ベイリーという男が世を騒がせた。

 

ラジウムという放射性物質を含む嘘の健康食品を売って成功したとんでもない男だった。

 

当時、放射線は「生命の光線」という売り文句で、健康増進効果があるとされていた。

 

彼が売っていたのは主にラジウムが入った健康食品であり、さまざまな物を販売していた。

 

・チョコレート
・歯磨き粉、軟膏、座薬
・衣類

など、さまざまな製品にラジウムを混ぜた。

 

当時、ラジウムは金よりも高価な金属であったため、これらの商品のほとんどにラジウムは含まれていなかったのではないかと言われている。(どこまでゲスなやつなのか)

 

しかし、ラジウムを含む飲料水「ラジソール」を売った罪は計り知れない。

 

ラジウムは骨に蓄積されやすい性質があり、ラジソールを飲み続けた人々は体内のラジウムから放射線を浴び続けることになり、漏れなく悲惨な結末を迎えた。

 

ベイリー自身はというと、最終的に後に放射線が原因の膀胱ガンで死亡した。

 

なんとも凄惨な実話である。

 

関連記事一覧