天気予報の降水確率はメチャクチャ単純に決まる。

 

降水確率はとても単純に決められている。

 

特定の区画で、
一定時間内に、
降水量が1mm以上の雨or雪の降る確率の平均値

 

をパーセンテージで表したものである。

 

つまり、過去の似た気象条件のデータを出してきて、そのうち雨が降った日が4割あったとすると、降水確率は40%となるということだ。

 

【>>次ページ】地球温暖化による海面上昇で沈みそうな国

 

関連記事一覧