赤色の服を着ると、仕事で成果が上がる説

 

赤色の服を着ると、仕事で成果が上がる効果がある。

 

赤は人の心拍数を上げ、優越感を刺激するためだ。

 

また、テストステロンという男性ホルモンの分泌も促され、より積極的な人格になる。

 

関連記事一覧