アスペルガー症候群とは何か、簡潔に答えられますか?

 

一昔前では目新しかった「発達障害」という言葉も、昨今はずいぶん馴染み深くなってきた。

 

しかし、イマイチ原因や症状を知らない人も多いのでは?

 

発達障害にはいくつか種類があり、共通する特徴として主に以下の3つが挙がる。

 

①中枢神経系(脳)の機能に障害があること

②乳幼児期には症状が現れること

③症状は進行性ではなく発達あるいは周囲の介入によっても変化すること

 

 

中でも「アスペルガー症候群」は、知的障害の一つとして、近年よく知られるようになっている。

また、アスペルガー症候群は広汎性発達障害の一つと言われる。

 

婉曲表現や皮肉、いわゆる嫌味などをの意味が掴めず、他者との意思の疎通が上手くいかない。

 

主には

・感覚過敏

・新しい環境になじめない

・特定の物事への強烈な関心や拘り

の特徴が代表的だ。

 

それとは裏腹に言語能力の遅れは見られず、文字の理解は健常者と何ら変わりないと言われる。

 

むしろ読み書きに関心が深い場合は並々ならぬ能力を発揮することすらある。

 

社会的な認知や医療も発展し、現在は改善方法や治療法も増え始めている。

 

【>>次ページ】右脳と左脳は補完し合う。片方でも生きられる?

 

関連記事一覧