太陽暦は、川の氾濫を予測するため作られた。

 

エジプトで発達した太陽歴は、ナイルの氾濫を予測するためだった。

 

エチオピア高原のモンスーンの影響で、ナイル川は毎年7月中旬に大幅に増水する。

 

この定期的な氾濫を利用して灌漑農業を営んでいた古代エジプトでは、いつナイルが氾濫するのかが死活問題だったのだ。

 

関連記事一覧