恋人たちを結婚させたことで処刑された人がいる

 

恋人たちを結婚させたことで処刑された、聖バレンタイン

 

カトリックでは『恋人たちの守護聖人』として崇められる「聖バレンタイン」。

 

3世紀後半にローマ皇帝が兵士の自由結婚禁止令を発布した。

 

インテラムナ(現在イタリア領)のキリスト教司祭だったバレンタインは、隠れて結婚していたことがばれ、処刑されてしまう。

 

彼が亡くなったのが269年2月14日だったため、その日がバレンタインデーとして制定された。

 

関連記事一覧