自殺衝動は、遺伝する!?

 

『自殺にはDNAが働いている』という説がある。

 

2009年、鳩山邦夫元総務大臣が講演で『自殺には遺伝性がある』ともとれる発言が物議を醸した。

 

自殺対策基本法では「自殺は社会的な要因によって追い込まれた末の死である」と定義されている。

 

しかし、本当に自殺と遺伝に相関関係はないのか?

 

猟銃自殺を図った文豪、ヘミングウェイをご存知だろうか。

 

彼の父親、妹、弟、姉、孫娘も、全員自殺を遂げている。

 

イギリスの哲学者ウィトゲンシュタインは、4人いた兄のうち、なんと3人が自殺した上、本人にも自殺願望があったと言われている。

 

彼らは知名度が高いため、際立って聞こえるだけだという意見もあるが、これらは本当に偶然なのだろうか。

 

2014年8月に、米ジョンズ・ホプキンス大の研究チームによる『自殺を図る人々が共通して持つとみられる遺伝子を特定した。』との報告が医学誌に掲載された。

 

というのも、自殺者にみられる共通遺伝子を探索した結果、自殺が多発している家系に辿り着くというのだ。

 

自殺原因として最も多く挙がるのは、鬱病などの精神疾患である。

 

一人の鬱病患者を中心に、同じ家系の中に鬱病にかかった人がどのくらいいるか、という研究結果もある。

 

そこでは、
兄弟姉妹で10~20%
甥や姪でも2~3%という高い数値が出ている。

 

これらは、確かにまだ医学的な証明とは言えない。

 

上記のようなデータから判る通り、自殺と遺伝子に何らかの因果関係があることは否定できない。

 

関連記事一覧