地球の質量は本当に変わらないのか?

 

地球の質量は、宇宙科学においてもつかわれる単位となっており「M+」という記号で表現される。(1M+は、5.972×10の24乗kg)

 

地球の重さは、1年という短い単位で見ても変動している。

 

宇宙から降り注ぐ塵が地球の質量を上げているのが主な理由だ。

 

地球には、宇宙から年間4万トンもの目には見えない細かい塵が降り注いでいる。

 

逆に、地球から宇宙へは毎年、

・水素が約9万5000トン

・ヘリウムが約1万6000トン

出ていっている。

 

つまり、地球は年間約5万トン軽くなっていると言える。

 

【>>次ページ】地球の自転はいつか止まる?

 

関連記事一覧