マグロはヒレを全てしまって時速100kmで泳ぐ怪物である。

 

マグロとは「スズキ目、サバ亜目、サバ科、マグロ属」の総称で、全部で7種類もある。

 

そのうち、最も大きいクロマグロは、体長2m、体重数百kgにも及び、別名ホンマグロとも呼ばれる。

 

クロマグロは、日本近海で2年ほど過ごした後、太平洋を横断してアメリカ大陸へ渡る。

 

アメリカ近海でしばらく過ごした後、日本に戻ってくる。

マグロの体は水の抵抗を受けにくい紡錘形をしており、時速100kmもの速さで海洋を突き進むこともある。

 

この際、背ビレ、胸ビレ、尻ビレを全て折り畳み、魚雷のような形態で水中を突貫していく。

 

関連記事一覧