自動販売機のコイン投入口はタテ?ヨコ?

 

自動販売機の硬貨の投入口を思い出してほしい。

 

硬貨を縦にして入れるものと、横にして入れるものの2種類がある。

 

縦のものは、投入したコインが回転しながら落ちるようにできており、より安定的に、素早くコインが落ちてゆく。

 

横のものはゆっくり滑り落ちていくので、最後まで転がり込むまでに時間がかかるが、自動販売機内部のスペースが節約できるメリットがある。

 

そのため、縦のものは券売機などに、横のものは缶ジュースやタバコなどの自販機に用いられることが多い。

 

【>>次ページ】自販機の「売切」ランプは、商品がなくなったという意味ではない。

 

関連記事一覧