なぜ一週間は七日間なのか?

 

かつてメソポタミアを統治していたサルゴン二世は、遊牧民族であった。

 

夜間にも移動をする彼らは、月の満ち欠けを基準にした太陽暦を採用していた。

 

こうしてメソポタミアでは、新月から新月までの一区切りを「一ヶ月(28日間)」とし、上弦・満月・下弦と変化する月の満ち欠けによって四分割し生まれたのが「一週間(七日間)」という単位である。

 

関連記事一覧