本当にある病「不思議の国のアリス症候群」

 

自分の体が大きくなったり、小さくなったりするリアルな錯覚に襲われる奇病がある。

 

その名も『不思議の国のアリス症候群』。

 

劇中、主人公のアリスの体が大きくなったり小さくなったりする内容に因んで名付けられた疾患である。

 

体の大きさなど目で見ればわかることなのに、錯覚してしまうとは、一体どういうこなのか?

 

例えば……

・幼い子どもが、自分の母親が自分より小さくなったように感じる
・蚊が数センチもあるように見える。
・1分を1時間くらいに長く(1時間を1分くらいに短く)感じる。
・目の前にいる人が、何百メートルも先にいる巨人に見える。

 

詳細ら未解明だが、成人しても定期的に同様の症状を起こす患者の大半には『偏頭痛持ち』という共通点がある。

 

更に、この病気の患者は芸術家に多い。

 

まずは「不思議の国のアリス」の産みの親であるルイス・キャロル自身が偏頭痛持ちで、かつ症状に悩んでいたという説がある。

 

そして画家のパブロ・ピカソも偏頭痛による視覚障害を持っていたとされ、それが原因で顔のパーツが左右非対称の人物を多く描くようになったとの見方もある。

 

偏頭痛とこの奇病の因果関係は不明であり、本当に科学的根拠があるのかどうかも怪しいのは否めない。

 

関連記事一覧