狼に育てられた少女なんていなかった?

 

狼に育てられた、アマラとカマラという姉妹の話をご存じだろうか。

 

そう、いわゆる「狼に育てられた少女」だ。

 

実は、この話は全てやらせ、でっち上げだったという有力な説がある。

 

・二人は保護された際、四足歩行をしており、走ると人が追い付けないほど足が速かった
・教えると人の言葉を喋るようになった
・保護から数年で死んでしまった

など、さまざまなエピソードが広まっている。

 

この話が真実なのか、虚偽なのか、勘違いなのか、誇張なのか、定かではない。

 

話が広まったのは、発達心理学者の権威だったアーノルド・ゲゼルが書いた本が有名になったためと言われている。

 

ゲゼルの権威により、この話は多くの人に信じられ、未だに少なからず語り継がれている。

 

関連記事一覧