名前の付いたアウストラロピテクスがいる。

 

名前が付いているアウストラロピテクスがいる。

 

1974年11月24日、318万年前に生きていたとされるアウストラロピテクスの化石人骨がエチオピア北部で見つかった。

 

その人骨はなんと全身の4割が綺麗に残っており、「ルーシー」と名付けられた。

 

【>>次ページ】手話をするゴリラ

 

 

関連記事一覧