野球は昔『先に21点とったチームが勝ち』だった

 

1845年まで、野球はなんと『21点先取で勝敗が決まる』ゲームだった。

 

9回で終わりという常識は、それ以降のことなのだ。

 

なぜ変更されたかというと、意外にもチームの専属料理人たちがきっかけである。

 

ニューヨークの野球チーム「ニッカーボッカーズ」のシェフたちの言うことには、『いつ試合が終わるのかがわからないと、料理の準備がやりづらくて仕事にならない。試合がいつ終わるのか、大体の予測が立てられるようにしてほしい』とのこと。

 

確かに、野球のルールで21点先取制となれば、膨大な時間が必要となることは素人でも想像に難くない。

 

野球のルールは「点数先取制」から「回数制」へ変更されたことには、そんなエピソードがあったのだ。

 

関連記事一覧