熊は食糧が十分にあると冬眠しない

 

冬になると熊は冬眠する、というのは周知の事実である。

 

冬眠とは、食糧の手に入らない冬場に、エネルギーを温存するために眠って暮らすことだ。

 

食糧の手に入りづらい冬場は、じっとしていたくなるのは、われわれ人間でも理解できる。

 

では、もし、冬場でも変わらず豊富に食糧が手に入るとしたら、どうなるのだろうか?

 

例えば、動物園では、年中食糧の心配は要らない。

 

動物園の熊も、豊富な餌に囲まれながら、わざわざ冬眠するのか?

 

答えは否。

 

動物園の熊は、冬眠することなく過ごしている。

 

いつでも飼育員から適切な食事が与えられるから、何も危機を感じないのだろう。

 

『秋にたくさん食べ、冬は眠る』というのは、自然界の熊だけのようだ。

 

関連記事一覧