高身長ばかりの地域!ベルクマンの法則とは

 

北欧やロシアなどの寒い地域には背の高い人が多い。

 

理由は意外に単純であり、「ベルクマンの法則」と呼ばれる。

 

この法則には主に2つのポイントがある。

 

①恒温動物(体温がほぼ一定)は、寒い地域に生息するものほど体が大きい傾向にある。

 

人間も恒温動物なので当てはまる。

 

更には、

 

②体重の割に皮膚の表面積が小さい動物ほど、体温を維持しやすい。

 

その最たる例は熊であり、熱帯に生息するマレーグマは体長は140cm程度と小ぶりだが、ホッキョクグマは体長2~3mにもなる。

 

【>>次ページ】地球の裏側までスコップで掘ると何日かかる?

 

関連記事一覧