ブラックホールはたくさんある?

 

ブラックホールは、近づいたものを軒並み吸い込んでしまうと一般的に思われている。

 

しかし、この認識は怪しいと言わざるを得ない。

 

もともとブラックホールの存在は、1916年に物理学者のカール・シュヴァルツシルトが、アインシュタインの相対性理論をもとに予測したものである。

 

かつてブラックホールは、光ですら抜け出せないほど強力な重力を持つ天体という仮説のもと研究がなされてきた。

 

しかし、シュヴァルツシルトはあくまで存在を仮定しただけで、それが発見されることは長らくなかった。

 

しかし、1971年に、「はくちょう座X-1」と呼ばれる天体がブラックホールであることが判明したのだ。

 

これを皮切りに、続々とブラックホールの発見が報告されている。

 

関連記事一覧