人よりも足が速い蛇

 

ブラックマンバという毒蛇をご存知だろうか。

 

アフリカ大陸の東部から南部にかけて生息する『超恐ろしい』蛇である。

 

キングコブラやアナコンダほどの知名度はないものの、サバンナでブラックマンバに噛まれ、命を絶つ人も少なくない。

 

ブラックマンバとは、一体どういう蛇なのか。

 

問題は、その世界最速の足である。

 

このブラックマンバ、
時速にして16 km、
つまり50mを11秒ほどで駆け抜けるのだ。

 

思ったほどではないな、と鷹をくくるのはまだ早い。

 

アフリカのサバンナは岩場や砂場、草木ばかりで、一度狙われたら多少瞬発力に自信のある人でも、そうそう走って逃げ切れるものではない。

 

追い付かれるとどうなるか。

 

ブラックマンバは、致死量約15mgの猛毒を有していると言われる。

 

そんな猛毒を、奴らは一噛みで100mg以上も注入してくる。

 

もし人間が噛まれた場合、放っておくと、ものの20分で死に至るそうだ。

 

蛇なんて逃げれば怖くない、という通説を覆す悪魔の蛇、ここに極まれり。

 

関連記事一覧