五体満足な体に違和感を覚える病

 

とあるアメリカの病院に、一人の男性患者が訪れた。

 

その男性の両足は凍傷で壊死しており、医師は即切断せざるを得なかった。

 

その状況だけでもショッキングだが、なんとこの男性、自らドライアイスで自分の両足を凍らせたというのだ。

 

さらに、そのときのために自ら製作した自動運転自転車で病院へ来たというではないか。

 

狂気の沙汰とはこのことだろう。

 

しかし、ただこの男性の気がふれただけだ、という判断で片付けるのは早計だ。

 

この男性の症状は、確かに『両足の壊死』であるが、それよりももっと前に「身体完全同一性障害」という精神的なものがある。

 

1977年、ジョンズ・ホプキンス大学が世界で初めて報告した内容によると、同じ障害を持つ患者は自らの何不自由ない身体に違和感を覚え、酷い場合は四肢切断しようとしてしまうそうだ。

 

世界には、このように自分の身体を切断したいと強く願ったり、そうしなければならない謎の強迫観念を持つ者が何人もいるということだ。

 

関連記事一覧